馬インフルエンザ 馬インフルエンザ情報




CF9=circle for nine=日本初の投資競馬方法わずか4点買いで3連単を当てる手法!

馬インフルエンザ詳細情報

馬インフルエンザが猛威をふるっています。競馬への影響は大変なようです。日本中央競馬会(JRA)が、馬インフルエンザ感染馬が増えたために、馬インフルエンザの拡大を防止するため、今週開催予定の18、19日(土、日曜日=新潟、小倉、札幌)の競馬開催を中止すると発表しました。

馬インフルエンザの感染馬はJRAの発表によりますと、8月16日現在で美浦トレセン(茨城)、栗東トレセン(滋賀)で20頭が確認されましたが、馬インフルエンザへの感染頭数が少なかったため、一旦は予定通りレースを開催すると発表していました。

馬インフルエンザ感染を疑わせる、競走馬の発熱が相次いだため、8月17日朝、今週末のレースに出走予定の競争馬のうち163頭に、馬インフルエンザの検査をおこないました。その結果、29頭に馬インフルエンザ感染が判明。急きょ、今週末のレース開催中止が決定されました。中央競馬では1971年にも、馬インフルエンザで、中山、東京競馬が12月末から約2カ月間中止になったことがあるそうです。

メイショウサムソンも馬インフルエンザに罹患し、凱旋門賞への出走を断念しました。メイショウサムソンが凱旋門賞に出走できなくなったのは残念ですが、メイショウサムソンのファンとしては、馬インフルエンザから早く回復してくれることを願います。

馬インフルエンザは人間のインフルエンザと同じく、ウイルス性の疾患です。症状も同様で、馬インフルエンザの感染馬は1〜3日の潜伏期間の後、40〜41℃の高熱が出て、激しい乾性の咳をともなって多量の水様性の鼻汁が出るそうです。肺炎などの二次感染を併発しなければ、馬インフルエンザは2〜3週間で回復するそうですが、ヒトのインフルエンザと同様に、少数ですが死亡例もあるそうです。

馬インフルエンザの発症は、世界中のどこかの場所で毎年、季節とは関係無く起こっているそうです。日本国内では、1971年12月〜1972年2月にかけて馬インフルエンザの大流行が発生しましたが、ワクチン接種の徹底が効を奏し、以降の馬インフルエンザの発生はみられなかったということです。

馬インフルエンザ予防について、日本では競走馬にはこどものころから、馬インフルエンザワクチン接種を受けており、特にトレセンに入厩する馬に関しては、馬インフルエンザワクチン接種が厳密に義務づけられているようです。ヒトのインフルエンザワクチンと同様に、馬インフルエンザの流行予測に応じて、ワクチン株の改良や変更も実施されているということです。

馬インフルエンザも感染力が強く、短期間で伝染するので、同じ厩舎で飼育されている馬のほとんど感染することもあるようです。馬インフルエンザが人間に感染することはないそうです。ヒトのインフルエンザと違って、馬インフルエンザは季節に関係なく発症するということです。馬インフルエンザが早く沈静化し、競馬が通常通り開催されるようになるといいですね。
稼げる!三連複攻略法
3連単を当てる投資競馬法
参照記事

馬インフルエンザ JRA 競馬開催を決定 陰性馬のみで今週末

馬インフルエンザに揺れるJRAが競馬開催について8月22日、今週末(8月25、26日)の小倉、新潟、札幌の開催を行うと発表しました。(デイリースポーツより)

馬インフルエンザ問題で揺れるJRAは8月22日、東京都港区の六本木事務所で会見を開き、今週末(8月25、26日)の札幌、新潟、小倉の開催を行うと発表しました。出馬投票後に出走馬全頭を再検査し、馬インフルエンザ陽性馬は除外します。あくまで今週に限っての措置で、来週以降は体調に不安がなければ、馬インフルエンザ陽性馬でも出走できることを現時点では認めており、各方面に影響を及ぼしそうです。

馬インフルエンザ終息の目処が立っていない時点での競馬開催実施の根拠となったのは、第1回(8月16、17日)、第2回(8月20、21日)の疫学調査でした。馬インフルエンザ陽性率が19・4%から9・0%に半減し、発熱馬の頭数も8月18日をピークに減少傾向であり、馬インフルエンザは沈静化に向かっていると判断しました。これまで重症例がないこと、馬インフルエンザ感染馬も2日間程度で治癒していること、などを踏まえて競馬開催に踏み切ったということです。

馬インフルエンザに関し、今週は念を入れて“ダブル検査”により、陰性馬のみでレースが行われます。8月20、21日に出走希望馬全頭のうち、馬インフルエンザ陰性馬に木曜日の出馬投票の権利を与え、出馬投票馬には再度検査を実施し、陽性馬には出馬から除外されます。馬インフルエンザ検査判定は時間を要する作業のため、出馬投票を従来の12時から4時間早めて8時に開始、その後馬インフルエンザの再検査を行い、出馬確定は通常の5時間遅れで午後9時ごろとなりそうだということです。

馬インフルエンザ 動画 YouTube:柏木集保さん



馬インフルエンザに、柏木集保さんが語った動画を紹介します。競馬開催の有無よりも、馬インフルエンザ拡大を防止することが重要だ。JRAには、徹底的な防疫体制を敷いてもらいたい、との要旨でした。

馬インフルエンザでJRAが競馬開催を断念し、競馬ファンにとっては寂しい週末になってしまいましたね。今後の競馬開催がどうなるのかは、馬インフルエンザの動向次第ですが、競馬開催の再開に備えて、競馬で稼ぐ方法を身に付けておきませんか?
稼げる!三連複攻略法
3連単を当てる投資競馬法

馬インフルエンザ JRA 2日間で2000頭検査へ

馬インフルエンザで、JRAは8月20日、重賞および特別登録馬と一般競走出走希望馬を対象に、馬インフルエンザの一斉検査をおこないました。8月20、21日の2日間の調査で2000頭を検査する予定。8月19日に新たに馬インフルエンザを発症した馬は22頭でした。8月18日の38頭よりは減少していますが、馬インフルエンザが沈静化に向かっているとするのは早計で、防疫・調査を担当するJRA馬事部は、推移を慎重に見守る必要があるとしています。(出典:イザ!www.iza.ne.jp/news/newsarticle/sports/race/78211/)

馬インフルエンザの疫学調査を、JRAは8月20日、栗東・美浦トレセンと、札幌・函館・小倉競馬場において、検査キットを用いておこないました。引き続き8月21日にも検査と実施し、合計2000頭に馬インフルエンザ検査を行う予定。上記5カ所での総在厩馬は4093頭(栗東トレセン1354頭、美浦トレセン1568頭、小倉競馬場152頭、函館競馬場531頭、札幌競馬場488頭)なので、馬インフルエンザ検査対象頭数はその約半数にあたります。

8月19日に発熱した馬は57頭(栗東20頭、美浦21頭、小倉1頭、函館4頭、札幌11頭)で、馬インフルエンザ発症(検査陽性)と判定されたのは22頭(栗東15頭、美浦6頭、小倉なし、函館なし、札幌1頭)でした。8月18日の発症馬38頭に比べて減少してはいますが、8月19日は比較的気候涼しかった影響も考えられるため、8月20日以降の馬インフルエンザ発症馬の推移を見守る必要がありそうです。

馬インフルエンザ検査を実施し始めた8月14日からの発熱馬は338頭にのぼり、そのうち陽性反応は151頭にもおよびました。JRAは依然として発症していない馬インフルエンザ陽性馬の数を発表しておらず、“キャリア”の全体数は不明です。馬インフルエンザ発症馬数の数倍におよぶ可能性もあり、そのような状況下で競馬開催の有無を予測することは難しいと言えそうです。

馬インフルエンザ感染が沈静化しない中、8月22日は各競走に向けての追い切りをおこなう予定で、調教師および厩舎関係者は苛立ちを隠せません。多くの調教師は、追い切り日の前の8月21日までに、競馬開催の有無を決定して欲しいと不満をつのらせているということです。

調教師会・厩舎側は、8月23日(木)の出馬投票後にも出馬決定馬に対する馬インフルエンザ検査を実施して、ファンに安心して馬券を購入してもらいたいと要望していますが、JRAは正式な回答を出していません。JRAの方針は『まずは競馬開催ありき』ともとることができそうで、馬インフルエンザ問題が決着しないまま、8月23日午後の出馬投票ギリギリまで、競馬開催の有無の決定がずれ込む可能性もありそうだということです。
稼げる!三連複攻略法
3連単を当てる投資競馬法

馬インフルエンザ JRA 25、26日開催へ必死 二重検査へ

馬インフルエンザ問題でJRAに対して競走馬の管理を担当する調教師サイドは「ダブル検査」を実施するよう求めました。

馬インフルエンザ感染被害により8月18日、19日の競馬開催が中止になったJRAは8月19日、東西トレセンなどで馬インフルエンザと競馬開催に関する説明会を実施し、8月25日、26日の競馬開催を前提として努力を懸命に続けていくという意向を示しました。

馬インフルエンザ感染の有無を調べるため、20日、21日の両日、疫学調査を今週出走予定の全競走馬におこない、23日までに競馬開催か中止かを決定するという内容の説明。これに対して調教師側は、馬インフルエンザ感染拡大防止に万全の対策を取るために、同日の出馬登録後にも馬インフルエンザの再検査を要求しました。

馬インフルエンザのために競馬開催が中止となり、札幌競馬場での夏大一番のレース、札幌記念の8月19日当日に、美浦トレセン・栗東トレセン、函館・札幌・小倉競馬場で、JRAは対象を調教師として、「馬インフルエンザの状況確認について(協力依頼)」のテーマで説明会をおこない、今週の特別登録馬と平地競走出走予定の馬全頭を対象に、馬インフルエンザ検査を簡易キットを用いて実施することを説明しました。

馬インフルエンザ検査は、東西トレセンでは8月20日、函館・札幌・小倉の各競馬場では21日に実施する予定だそうです。その結果をみて8月23日の出馬登録を行います。ルール上は馬インフルエンザ検査陽性馬の受け付けも可能ですが、今回は慎重を期して馬インフルエンザ陰性馬のみの出馬登録を受け付ける公算が大きそうです。

馬インフルエンザは感染から発症まで3日程度の潜伏期間があります。月、火曜の検査で陰性でも、週末までに陽性になり、馬インフルエンザを発症する可能性があるということです。出馬投票後の木曜に再検査を実施すれば、日曜までに発症する可能性はかなり低く、馬インフルエンザウイルスを保有していても、発症していなければ競走能力には影響しないというのが、二重検査を求める調教師会の見解です。

18、19日の競馬開催では、出馬登録後に馬インフルエンザ陽性となった馬が多数出て、競馬開催を結局取りやめたという経緯があります。JRAは調教師会の要求にどのように対応して、競馬開催にこぎ着けるのか。先週と同じように、馬インフルエンザ陽性馬の多発によって開催を急遽中止するような事態が繰り返されれば、競馬ファンの信用を著しく落とすことになりかねません。
稼げる!三連複攻略法
3連単を当てる投資競馬法

メイショウサムソン凱旋門賞に出走か

馬インフルエンザメイショウサムソンですが、一旦断念した凱旋門賞出走に向けて調整する方向に傾いているそうです。

馬インフルエンザ感染が判明したメイショウサムソンが、仏G1凱旋門賞(10月7日にロンシャン競馬場で開催)出走に向けて調整することが、8月18日に決定されました。同日午前にフランス凱旋門賞に向けての遠征断念を発表しましたが、午後になって方向転換したものです。メイショウサムソンは、馬インフルエンザの症状が表れず、元気に調教を積んでいるということで、日程的にも凱旋門賞出走が可能なことを受け、メイショウサムソン陣営は渡仏決行に傾いています。

メイショウサムソンは美浦トレセン内の輸出検疫厩舎におり、運動を続けているということです。獣医によると「馬インフルエンザウイルスは治療を何もしなくても10日〜14日間で消失する」ので、8月末までに自然治癒できる可能性が高いということです。8月22日に予定していた出国日程が遅れるのは避けられませんが、国際検疫協定によりますと、凱旋門賞の8日前までに渡仏すれば出走は可能です。凱旋門賞に出走するには9月29日まで、9月8日までにフランス入りできれば、前哨戦であるフォワ賞(9月16日)にも出走可能ということです。

メイショウサムソンのフランス遠征時の騎手に決まっている武豊騎手も「海外に遠征する場合には、1週間前くらいに入国するのが世界的には当たり前。メイショウサムソンの場合は、かなり慎重を期して早めの遠征日程を組んでいた。こんな時(馬インフルエンザ感染流行)だからこそ、日本競馬界の救世主になれるのと違うかな」と、フランス遠征へ前向きな姿勢を示したということです。
稼げる!三連複攻略法
3連単を当てる投資競馬法

馬インフルエンザ感染拡大 競馬開催 25、26日も絶望的か

馬インフルエンザ感染の拡大にり今週の競馬開催を断念した中央競馬会(JRA)は8月18日、その後判明した馬インフルエンザ検査結果を発表しました。75頭の発熱している馬に施行した馬インフルエンザ検査(8月17日施行)で、陽性と診断された馬が37頭にのぼり、感染は未だ拡大している状況のようです。8月25、26日の競馬開催も中止せざるを得ないようです。馬インフルエンザが終息する目処は、まったく立っていない模様です。

馬インフルエンザ感染が中央競馬(JRA)に及ぼす影響は、ますます拡大している模様です。8月17日、栗東トレセン、美浦トレセンのほかに、札幌、函館、小倉の各競馬場に滞在している馬のうち、75頭が発熱。そのうち37頭が馬インフルエンザ陽性と判明しました。昨年の8月中に発熱を示した馬は、全体で30頭で、わずか1日で、例年8月の2倍以上の数字にのぼっています。「発熱症状を示した競走馬は普通よりはるかに多数。馬インフルエンザは流行しており、なお拡大していると考えられます。」と、横田貞夫JRA馬事部獣医課長が現状を説明しました。

中央競馬会(JRA)での馬インフルエンザ感染の発生状況をまとめてみました。JRAに所属している馬に馬インフルエンザの感染が初めて確認されたのが8月16日でした。発熱を直近にした競走馬にも検査をしたところ、発熱を8月14日にきたした馬のうち5頭が馬インフルエンザ陽性と判定された他、8月15日12頭、8月16日、17日にそれぞれ37頭が馬インフルエンザ陽性と判明しました。症状が無くても馬インフルエンザウイルスを保有しているキャリアも、同様に増加し続けている可能性が高いということです。

中央競馬会(JRA)は馬インフルエンザ感染範囲の実態を調査するために、札幌競馬場と小倉競馬場で100頭、美浦、栗東両トレセンで500頭に対して、防疫的手法を使った馬インフルエンザ検査を実施し、分析を急いでいるということです。

馬インフルエンザワクチンの効果により、軽い症状で済んだり、1971年にあった大流行状態にまではいたっていないということです。しかし、8月16日に馬インフルエンザ感染が初めて確認されてから2日間が経過した現在でも、馬インフルエンザ患者(患馬)は確実に増え続けている状況のようです。

8月23日に出馬投票が行われるまであと4日と迫りました。馬インフルエンザ陽性馬が49頭出て競馬開催がストップされた今週の状況よりも好転することは難しそうです。馬インフルエンザ「終息宣言」ははたしていつ出すことができるのか。8月25、26日の競馬開催は、なかり厳しい状況のようです。
稼げる!三連複攻略法
3連単を当てる投資競馬法

馬インフルエンザ 症状 感染 ワクチン

馬インフルエンザの流行により、競馬レース開催の中止が相次いでいます。馬インフルエンザについて、詳しく調べてみました。

馬インフルエンザは、人間には感染しないそうです。世界中のどこかで、馬インフルエンザの流行はみられるということです。JRA(中央競馬会)の情報によりますと、馬インフルエンザは発熱をともなう急性の呼吸器疾患で、届出伝染病の1つに指定されています。

馬インフルエンザは、咳による空気感染により伝染するため、非常にに速いスピードで感染が広がります。馬インフルエンザの症状は人のインフルエンザと似ていて、高熱、咳、鼻水、などの症状で発症します。

馬インフルエンザのウイルスは、鳥インフルエンザやヒトのインフルエンザとは違うウイルスですので、馬インフルエンザは馬から馬へは感染しますが、人間(人、ヒト)や他の動物への感染は起こらなということです。

馬インフルエンザは、フランスやアメリカやなど、世界のどこかの場所で今でも毎年、季節に関係無く発生しているそうです。日本では1971年12月から1972年2月まで、馬インフルエンザが大流行しましたが、ワクチン接種を徹底したことが効を奏して、それ以降、馬インフルエンザの発生は無かったということです。

馬インフルエンザに関して、1992年の香港シャティン競馬場において、すべての馬に馬インフルエンザ・ワクチン接種歴があるにもかかわらず、同年11月16日から12月9日の24日間で958頭中402頭(42%)が馬インフルエンザに感染したという例もあるようです。

馬インフルエンザワクチン接種の日本における状況について調べてみました。日本の競走馬は子馬(仔馬)のころからずっと、馬インフルエンザ ワクチン接種を受けているそうです。特にトレセンに入厩する競走馬に対しては、厳密な馬インフルエンザワクチン接種が義務づけられています。また、人のインフルエンザワクチンと同じように、馬インフルエンザの流行予測に基づいたワクチン株の変更・改良もおこなわれているそうです。
稼げる!三連複攻略法
3連単を当てる投資競馬法

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。