馬インフルエンザ JRA 25、26日開催へ必死 二重検査へ 馬インフルエンザ情報




CF9=circle for nine=日本初の投資競馬方法わずか4点買いで3連単を当てる手法!

馬インフルエンザ JRA 25、26日開催へ必死 二重検査へ

馬インフルエンザ問題でJRAに対して競走馬の管理を担当する調教師サイドは「ダブル検査」を実施するよう求めました。

馬インフルエンザ感染被害により8月18日、19日の競馬開催が中止になったJRAは8月19日、東西トレセンなどで馬インフルエンザと競馬開催に関する説明会を実施し、8月25日、26日の競馬開催を前提として努力を懸命に続けていくという意向を示しました。

馬インフルエンザ感染の有無を調べるため、20日、21日の両日、疫学調査を今週出走予定の全競走馬におこない、23日までに競馬開催か中止かを決定するという内容の説明。これに対して調教師側は、馬インフルエンザ感染拡大防止に万全の対策を取るために、同日の出馬登録後にも馬インフルエンザの再検査を要求しました。

馬インフルエンザのために競馬開催が中止となり、札幌競馬場での夏大一番のレース、札幌記念の8月19日当日に、美浦トレセン・栗東トレセン、函館・札幌・小倉競馬場で、JRAは対象を調教師として、「馬インフルエンザの状況確認について(協力依頼)」のテーマで説明会をおこない、今週の特別登録馬と平地競走出走予定の馬全頭を対象に、馬インフルエンザ検査を簡易キットを用いて実施することを説明しました。

馬インフルエンザ検査は、東西トレセンでは8月20日、函館・札幌・小倉の各競馬場では21日に実施する予定だそうです。その結果をみて8月23日の出馬登録を行います。ルール上は馬インフルエンザ検査陽性馬の受け付けも可能ですが、今回は慎重を期して馬インフルエンザ陰性馬のみの出馬登録を受け付ける公算が大きそうです。

馬インフルエンザは感染から発症まで3日程度の潜伏期間があります。月、火曜の検査で陰性でも、週末までに陽性になり、馬インフルエンザを発症する可能性があるということです。出馬投票後の木曜に再検査を実施すれば、日曜までに発症する可能性はかなり低く、馬インフルエンザウイルスを保有していても、発症していなければ競走能力には影響しないというのが、二重検査を求める調教師会の見解です。

18、19日の競馬開催では、出馬登録後に馬インフルエンザ陽性となった馬が多数出て、競馬開催を結局取りやめたという経緯があります。JRAは調教師会の要求にどのように対応して、競馬開催にこぎ着けるのか。先週と同じように、馬インフルエンザ陽性馬の多発によって開催を急遽中止するような事態が繰り返されれば、競馬ファンの信用を著しく落とすことになりかねません。
稼げる!三連複攻略法
3連単を当てる投資競馬法

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。