馬インフルエンザ感染拡大 競馬開催 25、26日も絶望的か 馬インフルエンザ情報




CF9=circle for nine=日本初の投資競馬方法わずか4点買いで3連単を当てる手法!

馬インフルエンザ感染拡大 競馬開催 25、26日も絶望的か

馬インフルエンザ感染の拡大にり今週の競馬開催を断念した中央競馬会(JRA)は8月18日、その後判明した馬インフルエンザ検査結果を発表しました。75頭の発熱している馬に施行した馬インフルエンザ検査(8月17日施行)で、陽性と診断された馬が37頭にのぼり、感染は未だ拡大している状況のようです。8月25、26日の競馬開催も中止せざるを得ないようです。馬インフルエンザが終息する目処は、まったく立っていない模様です。

馬インフルエンザ感染が中央競馬(JRA)に及ぼす影響は、ますます拡大している模様です。8月17日、栗東トレセン、美浦トレセンのほかに、札幌、函館、小倉の各競馬場に滞在している馬のうち、75頭が発熱。そのうち37頭が馬インフルエンザ陽性と判明しました。昨年の8月中に発熱を示した馬は、全体で30頭で、わずか1日で、例年8月の2倍以上の数字にのぼっています。「発熱症状を示した競走馬は普通よりはるかに多数。馬インフルエンザは流行しており、なお拡大していると考えられます。」と、横田貞夫JRA馬事部獣医課長が現状を説明しました。

中央競馬会(JRA)での馬インフルエンザ感染の発生状況をまとめてみました。JRAに所属している馬に馬インフルエンザの感染が初めて確認されたのが8月16日でした。発熱を直近にした競走馬にも検査をしたところ、発熱を8月14日にきたした馬のうち5頭が馬インフルエンザ陽性と判定された他、8月15日12頭、8月16日、17日にそれぞれ37頭が馬インフルエンザ陽性と判明しました。症状が無くても馬インフルエンザウイルスを保有しているキャリアも、同様に増加し続けている可能性が高いということです。

中央競馬会(JRA)は馬インフルエンザ感染範囲の実態を調査するために、札幌競馬場と小倉競馬場で100頭、美浦、栗東両トレセンで500頭に対して、防疫的手法を使った馬インフルエンザ検査を実施し、分析を急いでいるということです。

馬インフルエンザワクチンの効果により、軽い症状で済んだり、1971年にあった大流行状態にまではいたっていないということです。しかし、8月16日に馬インフルエンザ感染が初めて確認されてから2日間が経過した現在でも、馬インフルエンザ患者(患馬)は確実に増え続けている状況のようです。

8月23日に出馬投票が行われるまであと4日と迫りました。馬インフルエンザ陽性馬が49頭出て競馬開催がストップされた今週の状況よりも好転することは難しそうです。馬インフルエンザ「終息宣言」ははたしていつ出すことができるのか。8月25、26日の競馬開催は、なかり厳しい状況のようです。
稼げる!三連複攻略法
3連単を当てる投資競馬法
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。