馬インフルエンザ情報




CF9=circle for nine=日本初の投資競馬方法わずか4点買いで3連単を当てる手法!

馬インフルエンザ詳細情報

馬インフルエンザが猛威をふるっています。競馬への影響は大変なようです。日本中央競馬会(JRA)が、馬インフルエンザ感染馬が増えたために、馬インフルエンザの拡大を防止するため、今週開催予定の18、19日(土、日曜日=新潟、小倉、札幌)の競馬開催を中止すると発表しました。

馬インフルエンザの感染馬はJRAの発表によりますと、8月16日現在で美浦トレセン(茨城)、栗東トレセン(滋賀)で20頭が確認されましたが、馬インフルエンザへの感染頭数が少なかったため、一旦は予定通りレースを開催すると発表していました。

馬インフルエンザ感染を疑わせる、競走馬の発熱が相次いだため、8月17日朝、今週末のレースに出走予定の競争馬のうち163頭に、馬インフルエンザの検査をおこないました。その結果、29頭に馬インフルエンザ感染が判明。急きょ、今週末のレース開催中止が決定されました。中央競馬では1971年にも、馬インフルエンザで、中山、東京競馬が12月末から約2カ月間中止になったことがあるそうです。

メイショウサムソンも馬インフルエンザに罹患し、凱旋門賞への出走を断念しました。メイショウサムソンが凱旋門賞に出走できなくなったのは残念ですが、メイショウサムソンのファンとしては、馬インフルエンザから早く回復してくれることを願います。

馬インフルエンザは人間のインフルエンザと同じく、ウイルス性の疾患です。症状も同様で、馬インフルエンザの感染馬は1〜3日の潜伏期間の後、40〜41℃の高熱が出て、激しい乾性の咳をともなって多量の水様性の鼻汁が出るそうです。肺炎などの二次感染を併発しなければ、馬インフルエンザは2〜3週間で回復するそうですが、ヒトのインフルエンザと同様に、少数ですが死亡例もあるそうです。

馬インフルエンザの発症は、世界中のどこかの場所で毎年、季節とは関係無く起こっているそうです。日本国内では、1971年12月〜1972年2月にかけて馬インフルエンザの大流行が発生しましたが、ワクチン接種の徹底が効を奏し、以降の馬インフルエンザの発生はみられなかったということです。

馬インフルエンザ予防について、日本では競走馬にはこどものころから、馬インフルエンザワクチン接種を受けており、特にトレセンに入厩する馬に関しては、馬インフルエンザワクチン接種が厳密に義務づけられているようです。ヒトのインフルエンザワクチンと同様に、馬インフルエンザの流行予測に応じて、ワクチン株の改良や変更も実施されているということです。

馬インフルエンザも感染力が強く、短期間で伝染するので、同じ厩舎で飼育されている馬のほとんど感染することもあるようです。馬インフルエンザが人間に感染することはないそうです。ヒトのインフルエンザと違って、馬インフルエンザは季節に関係なく発症するということです。馬インフルエンザが早く沈静化し、競馬が通常通り開催されるようになるといいですね。
稼げる!三連複攻略法
3連単を当てる投資競馬法
参照記事

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。